薬膳マイスター(薬膳の資格を通信で)

薬膳マイスター養成講座①東洋医学の基本的な考え方

IMG_1785

さて、いよいよ薬膳マイスター養成講座のテキスト&DVDを始めました!

提出課題は5回あるのですが、第1回目は「DVD1」と「テキスト1」を使って、「薬膳とは・・・」というところから学んでいきます。

ここでは、テキストとDVDで学んだ内容を簡単にまとめてみたいと思います。

薬膳(和漢膳)とは

「薬膳」とは東洋医学の考え方をもとに約3000年もの間、食べ続けられた健康料理のことです。

予防医学的に十分に価値がある、生薬や副作用のない食べ物を普段からとるのが薬膳料理なのです!!

そして、板倉先生によって「薬膳」を日本的にアレンジされたのが「和漢膳(わかんぜん)」。

栄養価の高い旬の食材を取り入れた料理に、薬膳食材をトッピングすることで、簡単に「薬膳」を取り入れることができるようになります。

薬膳マイスターは、東洋医学の基本の考え方を学び、自分の体の体調に合わせたオーダーメイド料理が作れるようになる資格なんですね♪

東洋医学と西洋医学の違い

東洋医学は未病を得意分野とし、西洋医学は病気になってからの「対症療法」を得意分野にしているというところが大きな違いなんだそうです。

未病とは病気になる前の常態のことです。(健康でも病気でもない状態)

つまり、日ごろの「なんとなくだるいな~」とか、冷え性、便秘などの状態を改善しようと思えば、東洋医学の思想をとりいえれた「薬膳」が非常に役に立つということなんだそうです!!

なるほど~!!

東洋医学=予防医学・家庭医学
西洋医学=対症療法・化学医学

という感じですかね。

東洋医学的の基本的な考え

そして、西洋医学との違いが分かったところで東洋医学の基本的な考えを学んでいきます。東洋医学は「バランスの医学」なんだそうですよ!

  • 気・血・水
  • 「陰」と「陽」の考え方
  • 五行の考え方

気・血・水

東洋医学では「気・血・水」の3つがひとつになって人間の体の働きを維持していると考え、健康の目安としているそうです。

  • 気・・・気持ち・元気・気合い
  • 血・・・血流・血流を良くする循環状態
  • 水・・・水分・水分代謝

たとえば、「気」だと「食欲がない、イライラする、ストレス」などの症状が当てはまり、その症状によっておすすめの「生薬、食材」があります。

まず、自分の体の症状をこの3つの中に当てはめて考えるというわけですね。

「陰」と「陽」

「陰陽論」は自然界のリズムや人の体の機能を「陰」と「陽」の二つに分ける考え方で、中国古代の自然哲学では宇宙にある全てのものが「陰・陽」に分けられると考えられてきたそうです。

この考え方から、「陽」が不足している場合は「陽の食材」、「陰」が不足している場合は「陰の食材」を食べるようにしてバランスを保つということです。

5行の考え方

この薬膳マイスターの中で一番難しいな~と思ったところは「5行の考え方」でした。

5行も「陰と陽」と同じように、自然界や人間の体の機能を「木・火・土・金・水」の5つの性質にあてはめて、バランスの良い食事を摂取していくというものです。

5行でバランスをとるためには

  • 相生(そうせい)・・・育てあったり、機能を高める作用
  • 相剋(そうこく)・・・抑制しあう作用

の考え方にあてはめて、食材を選んでいきます。

(5行については自分の中で考えをまとめて、後日詳しく記事にしてみますね!)

タイプ別で違うダイエット食材

IMG_1786

その他、DVDでは悩み別におすすめの食材を紹介していました。

ダイエットでも東洋医学で言う、「気・血・水」タイプの違いで、おすすめの食材が変わってくるという話は非常に興味深かったです。

上の表でいくと、私は「血」が一番多かったのですが、血流が悪いので、血流をサラサラにする食べ物、鉄分を多く含む食べ物を多くとるようにすればよいそうです。

なるほど!!

DVDで何度も板倉先生がおっしゃっていましたが、東洋医学では「自分の体のどこが悪いのかをまず把握する」ということが一番大事なんですね。

その状態を把握するチャートも分かりやすく載っていましたよ!

課題提出

そして、忘れてはならないのが課題の提出ですね(^^ゞ

今日学んだことをきちんと理解できているのか課題を提出します。

質問自体はテキストとDVDの内容をきちんと勉強できていれば解答できます♪

解答が帰ってくるのを楽しみにしたいと思いますw

次回はいよいよ薬膳料理で使う「生薬」や普段よく使う食材の「効果や効能」などについて学んでいきます!!楽しみ^^

がくぶん薬膳マイスターはこちら!

薬膳マイスター養成講座
⇒★薬膳の資格を取ろう!【薬膳マイスター養成講座】

薬膳マイスター(薬膳の資格を通信で)」カテゴリの関連記事

自宅で薬膳料理ができる!薬膳マイスターを受講してみることにしました!
自宅で薬膳料理が作れるようになる資格!「薬膳マイスター(がくぶん)」を...

薬膳マイスターの学習内容・支払う費用はどれくらい?
和漢膳の薬膳料理が学べる薬膳マイスターの学習内容・支払う費用はどれくら...

薬膳マイスター養成講座④目的別薬膳
薬膳料理の資格である薬膳マイスターのテキスト④ではダイエットなど目的別...

薬膳マイスター養成講座③自分の体質にあわせた薬膳料理を作るために
自分の体質にあわせた薬膳料理を作るために、診断チャートにそって自分の体...

薬膳マイスター養成講座②食材と生薬の効果・効能について
かくぶんの薬膳マイスター養成講座テキスト②では、普段良く使う食材や生薬...

疲れが出やすい今の季節におすすめ!薬膳料理レシピ♪
温度変化が大きく疲れやすいこの季節におすすめの薬膳料理レシピです。...

コメントを残す

このページの先頭へ