薬膳マイスター(薬膳の資格を通信で)

薬膳マイスター養成講座②食材と生薬の効果・効能について

写真 2014-03-07 8 53 00

がくぶんの薬膳マイスター養成講座ですが、テキスト②に進みました!

テキスト①では、薬膳の基礎について学びましたが、テキスト②では身近にある食材や生薬のパワーについて学んでいきます!

体を温める食品、体を冷やす食品

IMG_1927

薬膳料理では食品や生薬を「温熱性食品」「涼寒性食品」「平性食品」の3つに分けます。

また、東洋医学を元にした薬膳料理はカロリーを計算しません。

自分の体質に合わせ、体が冷えやすい人は「温熱性食品」、暑がりの人は「涼寒性食品」を食べて、体を中庸(かたよらない真ん中の状態に持っていく)に持っていくようにします。

薬膳マイスターのテキスト2には生薬や良く使う食材が「温、涼、平」のどのタイプになるのか分かりやすく書かれています!

例えば、体が冷えやすい冬は「温」の食材、「かぼちゃ、小松菜、ネギ」などを意識して摂取していくんですね!!

5味調和を知って食材をおいしく食べる

写真 2014-03-07 9 35 47

薬膳料理の生薬や食材は「温、涼、平」の他に、味の性質を知っておいしく食べる「5味調和」という分類にも分けられます

5味調和には

  • 酸・・・・すっぱい味
  • 苦・・・・苦い味
  • 甘・・・・甘い味
  • 辛・・・・辛い味
  • かん・・・・塩辛い味

の5種類あります。

この食品のバランスをとることによって、味が引き立ちおいしく食べられるということなんです♪

例えば、「3杯酢」なら「酢」は5味調和の「酸」に分類されます。

「酸」には「胃・脾臓を弱くする」マイナスの作用があるのですが、これを抑制するために、胃・脾臓に良い「甘」の砂糖を加える。(相剋といいます。)

こうすることで、食材のマイナスを補うことができ、機能的にもバランスがとれて、味もまろやかにおいしくなるということなんです!!

なるほど~!!

食材がどの5味調和にあたるかは中々覚えられませんので、テキスト②にある表が非常に参考になりますよ!

写真 2014-03-04 10 32 25

すべて5つに分けてバランスをとるのが東洋医学

写真 2014-03-07 9 53 46

テキスト①で5行について学びましたが、「5行説」とは自然界にあるもの、人体、臓器など全てが5つに分けられ、互いに助け合ったり、抑制したりしてバランスが保たれるという考え方です。

テキスト①ではいまいち理解できなかったのですが、テキスト②を見ていて、東洋医学の5行の考え方が分かってきました!

5味調和でも5行の考え方にしたがって、マイナスを補ったり、機能を高めたりできるという事なんですね!

上の表を見てもらえれば分かりやすいのですが、例えば、なんとなく胃の調子が悪いときには、「甘」の食材を意識してとる。

「甘」が強すぎるときは、「かん(塩辛い)」を足すとバランスが取れるておいしくなる!ということなんですね。

ふむふむ♡

なんだか普段の生活にも活かせそうですよ!

私の場合は冷え性なんで、「温」の食材を意識して食べるようにして、その食材の5味調和を確認。

そして、食材のマイナスを補っていく食品も摂取!という具合ですね!

やってみたいと思います。

次回は「体質の見分け方と季節の薬膳について」学んでいきます。実践できるメニューも学べるようですので楽しみです!!

がくぶん薬膳マイスターはこちら!

薬膳マイスター養成講座
⇒★薬膳の資格を取ろう!【薬膳マイスター養成講座】

薬膳マイスター(薬膳の資格を通信で)」カテゴリの関連記事

疲れが出やすい今の季節におすすめ!薬膳料理レシピ♪
温度変化が大きく疲れやすいこの季節におすすめの薬膳料理レシピです。...

薬膳マイスター養成講座③自分の体質にあわせた薬膳料理を作るために
自分の体質にあわせた薬膳料理を作るために、診断チャートにそって自分の体...

薬膳マイスター養成講座①東洋医学の基本的な考え方
薬膳マイスター養成講座①では東洋医学の基本的な考え方を学びます。西洋医...

薬膳マイスターの学習内容・支払う費用はどれくらい?
和漢膳の薬膳料理が学べる薬膳マイスターの学習内容・支払う費用はどれくら...

薬膳マイスター養成講座④目的別薬膳
薬膳料理の資格である薬膳マイスターのテキスト④ではダイエットなど目的別...

自宅で薬膳料理ができる!薬膳マイスターを受講してみることにしました!
自宅で薬膳料理が作れるようになる資格!「薬膳マイスター(がくぶん)」を...

コメントを残す

このページの先頭へ