サプリメントの基本知識

サプリメントを選ぶポイント(合成と天然サプリメントの違い)

IMG_4330

良いサプリメントを選ぶポイントはあるのでしょうか?これは私の場合ですので、サプリメントを選ぶ際に参考にしていただければ幸いです。

入っている栄養成分を確認しよう!

サプリメントって何のために摂取しますか?

当たり前ですが、サプリメントを買う理由は大半の方が、「栄養の補給」を目的にしているのではないでしょうか?

肝心な栄養が摂取できなければ意味がありませんよね。

まず、サプリメントを選ぶ際にはどんな栄養素を摂取できるのかを確認しなければなりません。

eiyouhyouji

このように、食品(サプリメント)には栄養表示というのが認められています。

大切なのは自分に必要な栄養素のうち、サプリメントを摂取することで、何をどれだけカバーができるのかということ。

健康食品の中には、材料の良さばかりが表示されていて、何の栄養素がどれだけ補給できるのか分からないものもありますので注意が必要です。

例えば、自分にカルシウムが足りないと感じるのならば、その食品(サプリメント)を摂取することで、「1日に必要な量の○%が補給できる」と確認する必要があります。

合成サプリメントと天然物のサプリメントの違い

やはりサプリメントは口から入れて自分の体に取り入れるものなので、私はより食物に近い形の天然物のサプリメントを選ぶようにしています。

健康維持に大きな役割を果たすと言われている第7の栄養素(ファイトケミカル:phytochemical)が含まれているのも天然のサプリメントの良いところです。

ファイトケミカルは、主に果物や野菜に含まれる(魚介類や海藻などに含まれているものもある)、栄養素以外の成分(非栄養素=機能性成分) で、栄養学の世界では、第7の栄養素として脚光を浴びています。
第7の栄養素 ファイトケミカルって何? [食と健康] All About

例えば、合成されたビタミンCはたんにアスコルビン酸であって、それ以外の何物でもありません。

バラの実からとれた天然のビタミンCは、バイオフラボノイド(ビタミンP)というファイトケミカルを含んだ完全なビタミンCコンプレックスで、それはビタミンCの効果をより大きなものにすると言われています。

つまり、天然サプリメントはまだまだ発見されていない重要な成分や抗酸化力が強いファイトケミカルも一緒に摂取することができるというわけなんです!

また、合成と天然の大きな違いは細胞内外での動きなんだそうです。

天然成分は細胞の中まで入って働くことができますが、合成はできません。
LUVTELLI ⅡP.185

「ナチュラルでなければ栄養素は体内で仕事をしない、細胞にある受容体が合成物をはね除けるので、摂取したところで意味がない。これは自分自身を守る為の自己防御本能である。」というような事はワシントン大学のマイケル・マレー博士という栄養学の先生も言ってます。

著名なアレルギー専門医のT・Gランドルフ博士は「合成された物質は同じ物質の天然ものに対しては耐性がある場合でも化学的に敏感な人には反応を起こす原因となりうる。この2つの物質は同じ化学構造を持っているのに、そのようなことがおきるのだ」と語っています。

ここまで聞いて見ると、「天然がやっぱりいいわ~!」と思われたかもしれませんが、天然物のサプリメントにも注意が必要です。

素材自体が良いかどうか?です。

天然サプリメントの中でも無農薬・有機栽培で作られた素材・原材料を使っているものだとベストだと思います。

天然サプリメントと合成サプリメントを見分ける方法

天然サプリメントの特徴を挙げておきますので参考にしてもらえればと思います。

  • 天然サプリメントには匂いがある。
  • 一粒一粒の模様が同じではない、まだらである。
  • 価格が高めである。
  • 原材料が天然の場合は素材名、合成の場合は化学名で表示されている

製造工程も良いサプリメントを見分ける重要ポイントですので、しっかりと説明してくれている会社を選ぶようにすると良いと思います。

サプリメントの基本知識」カテゴリの関連記事

知っておきたいサプリメントを摂取するための基本知識!
知っておきたいサプリメントを摂取するための基本知識!...

サプリメントって何?特保や栄養機能食品、健康食品の違い
特保や栄養機能食品、いわゆる健康食品の違いを知って、自分に合ったサプリ...

野菜の栄養素は半分以下!?サプリメントが必要なワケ
サプリメントが私たちの生活で何故必要なのでしょうか? ここ50年で日本...

このページの先頭へ